蔵の町にそびえるルネッサンスな銀行なンダ!

江戸明治

 

​さて、ここは一体どこに迷い込ンダのだろう。​

​​時代は江戸?明治?。
 
川越
 
黒い壁に、豪華な屋根瓦、そして重厚感のある佇まいの蔵造り建築。

ムムム、ここは一体??。​

散策を続ければ続けるほど路地裏にお店を発見。なんだか楽しい町なンダ。

 

あれっ?。あのルネッサンスな建物は一体なんだろう。

というか、今度は大正?。
 
ルネッサンスな建物
 
ルネッサンス埼玉りそな銀行
 
あっ。
これは埼玉りそな銀行だ!​。
 
実は東武東上線の川越市駅、川越駅もしくは西武新宿線の本川越駅周辺の「小江戸・川越」を観光中だったンダ。
川越は「小江戸」と呼ばれていて、徳川幕府以降幕府直轄の療養所として栄えた歴史の古い町なンダ。
 
蔵造りの建物と共に、明治・大正時代の洋風建築も多く残っていてその代表的が写真の埼玉りそな銀行川越支店。
大正7年(1918年)に旧国立八十五銀行本店として建てられ、国の登録有形文化財に指定されたンダ。
 
3階建てのインパクトがある佇まいは、川越のランドマーク的な存在なンダ!。
ただ、内部の見学はできないンダ。

​外観は好きなだけ見てOKなンダ!。​

 

エステート白馬

 

株式会社エステート白馬 国分寺店〒185-0012 東京都国分寺市本町4丁目19-10 ビッググラッド国分寺

 

 

 

 

Copyright© 2013 HakubaGroup. All Right Reserved.

■個人情報保護指針 ■運営会社