‘介護’ に関する情報です。

福祉用具のお勉強なンダ!

2015-08-18
今日は、サービス付き高齢者向け住宅「ハーウィルシニアレジデンス」で福祉用具のお勉強に来
たンダ。
 
福祉用具とは、高齢者や障がい者の生活や介護、介助の支援のための道具用具のことなンダ。福
祉用具の購入やレンタルについては介護保険が適用されることもあるンダ!
 
先ずは「介護用ベッド」を見学したンダ。介護用ベッドは、起き上がりや立ち上がりを助けたり、
介助する方の負担を軽減する事が出来るンダ!
介護用ベット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リモコンを操作する事によって、上半身や下半身をそれぞれ起き上がらせる事が出来るンダ。
助する人はもちろんベッドに寝ている人も簡単に姿勢を変える事が出来る優れものなンダ!
介護ベットリモコン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次は「車いす」なンダ。車いすは、ただ人を目的地まで運ぶためだけの道具ではなく、快適な
「椅子」としての役割も大切なンダ。快適な毎日を過ごすために、体にフィットしたものを選
ぶことが大事なンダ。
介護車いす
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車いす​には色々な機能がついているンダ。これは「フットサポート」と言って、高齢者の方の足
を乗せることによって楽な姿勢を維持する事や足が床にあたる事を防ぐ役割があるンダ。
介護車いすフットサポート
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後は「シルバーカー」シルバーカーとは高齢者の方が、散歩やお買い物の際に利用する「手押車」
なンダ!色々な種類があるけど、歩行中に休憩できるように簡易的な腰かけがついているタイプが
主流なンダ。
 
初めてシルバーカーに座ってみたけど、思いのほか快適なンダ!天気も良いのでこのままお買い物
に行くことにしたンダ!
シルバーカー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
行ってきまーす!!

認知症サポーター養成講座に参加しました!

2015-03-16

今日は埼玉県上尾市にあるサービス付き高齢者向け住宅「ハーウィル東大宮」にて開かれた「認知症サポーター養成講座」に参加しました。

いつもは遊んでばかりだけど今日はお勉強です!!

ハーウィル東大宮

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症サポーター」とは、認知症の症状や原因を学習し理解を深めた人達をいいます。そのサポーターが地域に増えることにより、認知症やその家族の方たちが住み慣れた地域で長く生活を送れるようにすることを目的としています。厚生労働省全国キャラバンメイト連絡協議会の委託を受けて各市町村の役所や地域包括センターが窓口となって講習を行っています。

テキスト

 

 

 

 

 

 

 

 

当日は上尾市介護相談員キャラバンメイトの吉田 靖江さんを講師に迎えて、上尾市高齢介護課の職員さんや地域の皆様37名が集まりました。

認知症の方への対応の心得として「三ない!」
1.驚かせない
2.急がせない
3.自尊心を傷つけない
の3つが重要で、これを「三ない!」と呼ぶそうです。

そのほか、認知症の方や家族の方の手記を読んだり大変勉強になりました。

講習会

 

 

 

 

 

 

 

 

講習終了後にはサポーターの証!

・サポーターリング
・認知症サポーター証

を頂きました!

サポーターの証

 

 

 

 

 

 

 

 

この講座は不定期に行われているそうですが、役所や地域包括センターに問い合わせると今後の予定なども教えてくれるそうです。

ぜひ問い合わせて、認知症サポーターになって、住みやすい街をみんなでつくりましょう!

 

 

 

 


Copyright© 2013 HakubaGroup. All Right Reserved.

■個人情報保護指針 ■運営会社